仮想環境のスクリーンセーバーを切る

| 仮想環境

Desktop環境をインストールすることなく仮想環境を構築した時に、仮想環境内でスクリーンセーバーが勝手に起動するのを止める方法。

スポンサードリンク

起動時に以下のコマンドを実行するだけです。

# setterm -blank 0

「-blank」の後に設定する値が、何分後にスクリーンセーバーを動かすか?という値で、「10」と入力した場合は10分後にスクリーンセーバーが動く。「0」だと無効化。

ただ、上記の方法は毎回起動時に入力する必要があるので「~/.bashrc」に、同じコマンドを書いておけばいい。以下に例を載せておきます。

# .bashrc

# User specific aliases and functions

alias rm='rm -i'
alias cp='cp -i'
alias mv='mv -i'

# Stop ScreenSaver
setterm -blank 0

# Source global definitions
if [ -f /etc/bashrc ]; then
. /etc/bashrc
fi

9行目と10行目のハイライトしている行が追加行です。

9行目はコメントなのでなくてもOKです。

トラックバック

トラックバックURL:

トラックバック & ピンバック

コメントはまだありません。

作ったもの

種牡馬メモサイト

フリーダムウォーズ素材メモサイト

月別アーカイブ

つぶやき

更新記録カレンダー

2020年8月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

参考書籍

XHTML/HTML+CSSスーパーレシピブックXHTML/HTML+CSSスーパーレシピブック
エ・ビスコム・テック・ラボ

毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング : 74419

Amazonで詳しく見る
現場のプロから学ぶXHTML+CSS現場のプロから学ぶXHTML+CSS
益子 貴寛,堀内 敬子,小林 信次,千貫 りこ,伊藤 学,山田 あかね,西畑 一馬,CSS Nite

毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング : 39400

Amazonで詳しく見る