一般的にブリッジモードで使用するとか言われている設定を行います。

スポンサードリンク

KVMの仮想環境について

KVMではデフォルトだとホストとなるOSがルータの機能を持っていて、仮想環境のOSはそのホストOSから割り当てられたプライベートIPを使って外部との通信を行います。

普通に仮想環境を使ってOSを動かし必要最低限の使用だけならこれで十分なのですが、仮想環境で用意したOSでサーバを公開しようとなるとルーティングの問題とか解決しないといけない事が多くなります。

そのため、ホストOSのネットワークをブリッジモードで動かし、ホストOSと同じクラス内(ホストのネットワークを管理しているルータが構築しているネットワーク)に存在するOSとして準備するための設定を書いていきます。

ホストOSのNetworkManagerの停止

NetworkManagerとは何ですか?(そこからかい)

ここから引用させてもらうと「ネットワークデバイスと接続が利用可能な時にそれらをアクティブに維持するよう試行する動的ネットワーク制御および設定システムです。」知識の無い人間からすると??が出まくりです。

どうやら有線LAN接続や無線LAN接続などの中から有効なネットワークを自動で探して勝手に通信できるようにしてくれる補助ツールみたいですね。(間違っていたらゴメンナサイ)

このNetworkManager君はブリッジ機能をサポートしてくれないので機能を停止します。

# service NetworkManager stop
NetworkManager デーモンを停止中         [ OK ]
# chkconfig NetworkManager off

上記のコマンドを実行して停止します。

ホストOSのネットワーク環境設定

続いてはホストOSのネットワーク環境を変更します。

ちなみに、私は宅内のサーバを操作しているため失敗のリカバリーが容易ですが、レンタルサーバーなどをご利用の方は慎重に対応してください。記入ミスがあると最悪、接続を回復できなくなります

まずは、現在の環境ファイルをコピーします。

# cp /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-br0

「ifcfg-eth0」という設定ファイルのコピーを「ifcfg-br0」という名称で同じディレクトリに作ります。

コピーしたブリッジの設定を行います。

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-br0

 

#DEVICE="eth0"
DEVICE="br0"
NM_CONTROLLED=yes
ONBOOT=yes
#TYPE=Ethernet
TYPE=Bridge
BOOTPROTO=none
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=yes
IPV6INIT=no
NAME="eth0"
UUID=ffffffff-ffff-ffff-ffff-ffffffffffff
HWADDR=FF:FF:FF:FF:FF:FF
IPADDR=192.168.0.31
PREFIX=24
GATEWAY=192.168.0.1
DNS1=192.168.0.1

ハイライトしている行が変更、および追記した箇所です。

上記の例では2ヶ所です。

  • 「DEVICE」の設定を”eth0″から”br0″へ変更。
  • 「TYPE」の設定を”Ethernet”から”Bridge”へ変更しています。

続いてeth0デバイスの設定の変更です。

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

 

DEVICE="eth0"
NM_CONTROLLED=yes
ONBOOT=yes
TYPE=Ethernet
BOOTPROTO=none
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=yes
IPV6INIT=no
NAME="eth0"
UUID=ffffffff-ffff-ffff-ffff-ffffffffffff
HWADDR=FF:FF:FF:FF:FF:FF
IPADDR=192.168.0.31
PREFIX=24
GATEWAY=192.168.0.1
DNS1=192.168.0.1
BRIDGE=br0

こちらでは1か所追記するだけで最後の行に「BRIDGE=br0」を追加しています。

全てが完了すればネットワークを再起動します。

# service network restart

ブリッジを利用しての仮想マシンの構築

仮想マシン構築の大まかな流れはこちらを参照

ステップ5の所で「・詳細なオプション」を選択するとネットワークの設定が行えます。

vm_01

上記のように「Bridge ‘br0’」と表示されていれば成功、後は、インストールを進めればOKです。

トラックバック

トラックバックURL:

トラックバック & ピンバック

コメントはまだありません。

作ったもの

種牡馬メモサイト

フリーダムウォーズ素材メモサイト

月別アーカイブ

つぶやき

更新記録カレンダー

2019年11月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

参考書籍

XHTML/HTML+CSSスーパーレシピブックXHTML/HTML+CSSスーパーレシピブック
エ・ビスコム・テック・ラボ

毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング : 74419

Amazonで詳しく見る
現場のプロから学ぶXHTML+CSS現場のプロから学ぶXHTML+CSS
益子 貴寛,堀内 敬子,小林 信次,千貫 りこ,伊藤 学,山田 あかね,西畑 一馬,CSS Nite

毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング : 39400

Amazonで詳しく見る